スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ語り その6

お久しぶりのキャラ語りです。
おそらくこれが二月最後の更新になるのかなと思います。
本日紹介させていただくキャラは東條陸です。

東條陸
 【性格】
 リクはこの近未来という設定の中ではどうなのか分からないのですが、
 所謂現代っ子的なところがあります。
 自分本位で、一直線で、好きな人さえいればいい。
 そんな女の子です。
 エマに似ているところがあると思うんですが、エマは周りの仲間も
 大事に出来る子なので、教祖以外が見えていないリクはちょっと違う感じです。
 正直周りのオカジマやフウに仲間意識を抱いているとは言いがたいかもしれません。
 この性格を作り出した背景には彼女の家族の背景があったりします。
 それに関してはSSか何かで、後々語ろうかなと思います。
 
 【恋愛沙汰】
 教祖に思いっきり恋していると思います。
 ひと回り近く離れている下手するとオジサンに恋しているわけですが、
 リクは同世代の男とは絶対に付き合えないタイプだと思います。
 リクの人間性もその理由の一つになると思いますが、それ以上に
 包容力のある男性じゃないとリクは認めません。
 リクを拾ってくれたときに教祖を見て、その包容力(?)に雛鳥状態で
 刷り込みされちゃったんでしょうね。
 
 【脚本を書く際に】
 エマとリクは本編中比較すべきキャラになると思うのですが、
 その違いや共通点がきちんと表現できるようにと心がけました。
 仲間に対する思いであったり、エマがエドに抱く思いだったり、
 リクが教祖に抱く思いだったり。そういう部分を描けていたらいいなと思います。
 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。